あゆみクリニック 女医 宮沢あゆみ 女性外来 婦人科 千代田区 完全予約制

医師「宮沢あゆみ」による病気の話。「更年期って何?」

医師 宮沢あゆみのコラム「更年期って何?」

女性の更年期は、卵巣の働きが下り坂になる時期を指す。
医学的には、閉経(月経が1年以上ない状態)を中心とした5年から10年間のことをいう。日本人の平均的な閉経年齢はおよそ50歳なので、更年期は40歳代後半から50歳代前半ということになる。

ちなみに、20代、30代でも卵巣の機能が低下し、長期にわたり月経が止まれば、更年期障害のような症状が現われる。これを「若年性更年期障害」という。

若年性更年期障害は、過激なダイエットや過度のストレスなどが引き金となって、一時的に卵巣機能が低下した場合におきるが、若くても更年期と同様の不快症状が現われるので気をつけなければいけない。

ところで、更年期にはすべての人に不快な症状が現われるわけではない。更年期をほとんど意識せずに通り過ぎる人もいれば、耐えがたい不快感に病院を転々とする人もいる。

症状も突然に現われたり、一日のうち時間帯によって程度が変化したり、その日の天候や季節の影響を受けることもある。

症状の現われ方も百人百様で、倦怠感、鬱(うつ)、不眠などを訴える人もいれば、動悸、ほてり、冷や汗などを訴える人もいる。肩こり、腰痛、関節痛を訴える人もいれば、排尿痛や性交痛を訴える人もいる。

はっきりとした統計はないが、更年期障害を自覚する人は10人中、2~3人であるという説もある。一口に更年期といっても、症状の現われ方には個人差が大きいのである。

このため、症状がきつい人は、精神的に弱いからだ、仕事をしていないからだなどと、あたかも自分に性格的、社会的な問題があるように考えたり、他人と比較して自分を責めたりしがちだが、それは大いなる誤解である。

なぜならば、更年期の不快な症状は、主にホルモンのバランスが崩れることから生じるものだからである。

次に、そのメカニズムについて解説することにしよう。

「病気の話」トップページへ戻る
診療の予約03-5577-5253
診療時間 診療時間 診療時間

大きな地図で見る