あゆみクリニック 女医 宮沢あゆみ 女性外来 婦人科 千代田区 完全予約制

医師「宮沢あゆみ」による病気の話。「更年期治療のさまざまな選択肢」

医師 宮沢あゆみのコラム「更年期治療のさまざまな選択肢」

ホーム > 病気の話 > 第1回 「更年期をのりこえよう!」 > 更年期治療のさまざまな選択肢

更年期は多彩な疾患に見舞われる。症状が似ているために女性ホルモンの減少が原因だと間違われやすい疾患も少なくない。

このため、この時期にふりかかる心身の不調の原因を1つ1つ精査し、更年期障害と症状が似ている他の疾患の可能性を除外し、生活環境や生活習慣の改善をはかっても症状が改善されない場合には、更年期障害の治療を行なう。

更年期障害の治療というと、ホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy=HRT)を思い浮かべる人が多いが、臨床の現場ではHRT以外にも様々な薬が使われている。

不定愁訴の内容や程度によって多様な選択肢があるので、医師と相談しながら積極的に治療に参加してみよう。以下に、HRT以外で更年期障害の治療によく用いられる薬の解説をしておく。

 
<睡眠薬・抗不安薬>
不眠、不安、緊張、抑うつなどの症状がみられる場合には、睡眠薬や抗不安薬を使うことがある。マイスリー、デパス、リーゼ、ソラナックスなどはよく用いられる薬である。

なお、精神症状が強い場合、最初に心療内科を受診すると抗精神病薬や抗うつ薬を処方されることがあるが、ドグマチールのように女性ホルモンを攪乱して、月経を止めてしまう作用をもつ薬があるので注意が必要だ。また、長期に服用すると依存性が生じることにも留意しなければならない。

 
<自律神経調節薬・循環系作用薬>
女性ホルモンの分泌が減少する時期に自律神経が乱れてくる人は非常に多い。女性ホルモンと自律神経の司令塔は、同じ脳の視床下部にあるため、女性ホルモンの分泌が不安定になると、自律神経も影響を受けるからである。

発汗、のぼせ、耳鳴り、めまい、立ちくらみ、動悸などといった、自律神経の失調症状が強い場合には、自律神経調節薬や循環系作用薬を使うことがある。グランダキシン、ハイゼット、カルナクリンなどが用いられる。

女性ホルモンであるエストロゲンは脂質代謝や血圧の調整に関与しているため、エストロゲンの分泌が減少する更年期以降の女性は、高脂血症や高血圧になりやすい。ハイゼットは脂質代謝を促してコレステロール値を低下させ、カルナクリンは末梢血管を拡張して血圧を下げる働きがあるため、これらの薬を症状に応じて使い分ければ一石二鳥である。

 
<漢方薬>
更年期障害の治療には漢方薬もよく使われる。西洋薬が痛みや嘔気など個々の症状に直接作用するのに対して、東洋薬である漢方は、個々の不具合を解消するというよりも、体質改善を促し、自然治癒力を高めることによって穏やかに効いていく。他の薬剤との併用も可能で、長期にわたって服用できるため、最初に用いられやすい薬である。

漢方薬の処方に当たっては患者の体質を重視する。東洋医学では体質の違いを「証」と呼び、やせ細って抵抗力が弱い人を「虚証」、体格ががっしりして抵抗力のある人を「実証」という。虚証と実証の中間を「中間証」という。

また、「気血水」という概念を重視する。「気血水」は漢方医学における病態診断の基本である。「気」とは目に見えない生命エネルギーであり、「血」とは血液である。「水」とは水分で、リンパ液、消化液、唾液など血液以外の体液を指す。

東洋医学では、生体は「気血水」がバランスよく循環することによって健康を維持しており、「気血水」のどれか1つでも不足していたり、流れが悪かったりすると心身の不調が現われると考える。

例えば、「気」の流れが不足した状態が「気虚」で、「何となくだるい」「やる気がおこらない」などの症状が現われる。「気」の流れが滞った状態が「気滞」で、「イライラ」などの症状が現われ、「気」が落ち込んだ状態が「気鬱(きうつ)」である。「気」の流れが逆流した状態は「気逆」で、「のぼせ」「動悸」などの症状が現われる。

また、「血」が不足した状態が「血虚」で、「立ちくらみ」「集中力の低下」などの症状が現われ、「血」の流れが悪くなり滞った状態が「瘀血(おけつ)」で、「月経不順」「肩こり」「便秘」などの症状が現われる。「水」が滞った状態は「水滞」で、「むくみ」「頭痛」「悪心・嘔吐」などの症状が現われる。

東洋医学では、「虚証」か「実証」か、「気血水」のうちどれが欠けているのか、患者の体質や症状に応じて生薬を使い分けるのである。

ちなみに、更年期障害の治療に頻繁に使われる漢方薬で、“婦人科三大処方”といわれるのは、加味逍遥散、桂枝茯苓丸、当期芍薬散である。

「虚証」で「気虚」が認められ、様々な精神症状を訴える人には“気剤”と呼ばれる加味逍遥散がよく用いられる。「実証」で「瘀血」が認められる場合には桂枝茯苓丸が用いられ、「中間証」で「水滞」が認められ、「血虚」の症状がある場合には当期芍薬散が用いられることが多い。

このように漢方薬による治療は、西洋薬のような“病名投与”ではなく、患者の体質に合わせた“随証投与”であるため、同じ症状でも、患者の体質が異なれば、まったく違う漢方薬が処方されることもある。更年期障害の症状は十人十色であり、個々の体質を検討し、その人にぴったり合った漢方薬を見つけることは診療の妙味でもある。

漢方薬は慣れるまで「まずい」「飲みづらい」との声もいただくが、副作用をさほど気にする必要もなく、最初に入りやすい薬である。HRTに抵抗がある人も、一度試してみるといいだろう。

「病気の話」トップページへ戻る
診療の予約03-5577-5253
診療時間 診療時間 診療時間

大きな地図で見る