あゆみクリニック 女医 宮沢あゆみ 女性外来 婦人科 千代田区 完全予約制

あゆみクリニック(女医 宮沢あゆみ)は東京都千代田区、小川町駅、淡路町駅、新御茶ノ水駅近くの女性外来・婦人科です。

「死んだらどうなるの? ミスター・シリー?」テッド・メンテン著/宮沢あゆみ訳

ホーム > 医師の紹介 > 著書・訳書の紹介(死んだらどうなるの? ミスター・シリー?)

あゆみクリニックの医師「宮沢あゆみ」の訳、「死んだらどうなるの? ミスター・シリー?」をご紹介します。

 

「天職適齢」宮沢あゆみ著

「訳者あとがき」より抜粋

本書は、人生の 1 日 1 日が死に直面している子供たちについての本である。子供たちが、生という奇跡、死という神秘をどのように理解し、死をどのように受け入れていくかを、著者と子供たちとの会話を通して生き生きと描きだした本である。

本書は、決して悲しい子供たちの物語ではない。むしろ読者は、難病と闘う子供たちからエネルギーをもらい、読後に生きる喜びや、さわやかな希望を手にするはずだ。

今ある生をよりよく生きれば、その延長上に死があっても、生に執着したり、怖れることはないのだということを、本書を通じて、私たちは子供たちからさりげなく教えられるのである。

 

目次
プロローグ 何かを始めよう
何でも語り合おう 人生はご馳走だ
人生には「道化師」が必要だ 一緒に悲しもう
「真実」を語ろう 質問に答えるということ
答えは質問のなかにある いまを生きよう
「聴く」というのは難しい 人生の「ストリート」に飛び出そう
「夢」は生きつづける 「天国」って、どこ?
死に立ち向かおう 最期のクリスマス
「取り引き」について 「思い出」という羽
お話をつくろう 「禿げ」こそ美なり
胸をはって生きよう Tシャツ療法
「禿げ」は誇りだ 前に進もう
死を受容するということ パパは私を愛してる
「仮面」はきらいだ 悲しんでよ
君は大丈夫? 木の葉だけが知っている
自分の人生が欲しい 盛りだくさんのメニューに山盛りのお皿
砂時計の見方 最期の望み
「天国」は心のなかに エピローグ
訳者あとがき
診療の予約03-5577-5253
診療時間 診療時間 診療時間

大きな地図で見る