あゆみクリニック 女医 宮沢あゆみ 女性外来 婦人科 千代田区 完全予約制

医師「宮沢あゆみ」による病気の話。「ダイエットは要注意」

医師 宮沢あゆみのコラム「ダイエットは要注意」

<症例2>
絵里ちゃんは14歳の中学3年生。身長158cm、体重38㎏。
お母さんに連れられて来院した。初経が来たのは2年前。その後、多少の遅れはあっても月経は順調に来ていたが、半年前からパタリと止まってしまったという。

医師:「半年前に、何か環境の変化がありましたか?」
母親:「好きな男の子から“デブ”と言われてショックを受けたらしく、ご飯を食べなくなってしまったんです。食べてもおかずだけで、炭水化物はほとんど口にしなくなってしまいました。その結果、体重は減ったのですが・・・」

医師:「月経が止まってしまったのですね。過度のダイエットをして体脂肪が17%を切ると月経は止まってしまいます。予備力のない体で妊娠することのないよう、体が危険を回避するのです」
母親:「ほら、絵里、だからきちんと食べなきゃだめって言ったでしょう」
絵里:「だって、友だちはみんなモデルのようにやせているんだもん。私なんかまだまだ痩せ足りないの!(と泣き出す)」

医師:「絵里ちゃん、女性らしいふくよかな体型になるのは今しかないのよ。割り箸のような凹凸のない体より、メリハリのあるナイスバディ―の方がずっと魅力的だとは思わない?」
絵里:「・・・・・・・」

 
女性は月に3㎏以上落とすような極端なダイエットをすると、ホルモンバランスが乱れて月経不順になったり、無月経になってしまうことがある。女性ホルモンであるエストロゲンは脂肪組織からも作り出されている。月経周期の維持には一定量の脂肪細胞が必要なのだ。

ダイエットが原因でおきた無月経は、たとえ体重が元に戻っても、なかなか元に戻らないことが多く、その後の治療が非常に困難をきわめる。

思春期は体の土台ができる大事な時期だ。女性らしいメリハリのある体型になる機会は、この時期をおいてないのである。思春期の安易なダイエットは高い代償がつくことを覚えておいてほしい。

「病気の話」トップページへ戻る
診療の予約03-5577-5253
診療時間 診療時間 診療時間

大きな地図で見る