あゆみクリニック 女医 宮沢あゆみ 女性外来 婦人科 千代田区 完全予約制

医師「宮沢あゆみ」による病気の話。「なぜおこるのか?」

医師 宮沢あゆみのコラム「なぜおこるのか?」

子宮内膜症は生殖年齢の期間中なら、いつでもおこり得る疾患である。

早ければ10代後半から発生し、加齢とともに増加していく。
ピークは40代前半で、閉経を迎えると減少する。

原因はよくわかっていないが、月経血が卵管を逆流して腹腔内に流れ込む際に、剥離した子宮内膜が骨盤内に移植されて子宮内膜症をおこすのではないかと考えられている(子宮内膜移植説)。

また、受精卵の時代に発生した組織が腹膜に残っていて、これがホルモン刺激を受けて内膜症化したと考えられるケースもある。

初経年齢の若年化、晩婚化、妊娠回数の減少などによって、一人の女性が生涯に経験する月経の回数が増えていることが発症に関わっていることから、文明病の一つとも考えられている。

「病気の話」トップページへ戻る
診療の予約03-5577-5253
診療時間 診療時間 診療時間

大きな地図で見る